このエントリーをはてなブックマークに追加

 トップページFXの基礎知識>FXで大事な2つのテクニカル分析とは?

FXのローソク足の読み方・見方・種類を解説。

ローソク足を理解してチャートを読み解く方法 ~ パターン、組み合わせで分析!?

ローソク足の図

 

ローソク足でトレンドを分析!

ローソク足は、白い陽線と塗りつぶした陰線に分けられます。

そのため、上昇相場では陽線が多くなり下降相場では陰線が多くなります。

 

ローソク足には、売買を判断する際に重要な四本値がすべて含まれています。

トレンドを分析するうえで大切な指標ですので各部位の役割をしっかりと把握しておきましょう。

ローソク足とは?

ローソク足を分析して得られる情報で、相場の特徴を物語る。

ローソク足は、日本で開発され、世界に広まったものです。

開発したのはダイヤモンド社で、いまでは世界中の投資家に「キャンドル・スティック(candle stick)」の名で使われています。

ローソク足とは? 分析から得られる情報

 

ローソク足の読み方・見方

ローソク足は色(白と塗りつぶし)により2種類に分けられます。

値動きを知る基本ですのでしっかり把握しましょう。

 

陽線のローソク足 ~ 最終的に値上がりしたいとき

陽線のローソク足の読み方・見方をチャートで解説!

 

陰線のローソク足 ~ 最終的に値下がりしたとき

陰線のローソク足の読み方・見方をチャートで解説!

 

 

十字線などローソク足の種類を解説!

ローソク足の種類は大きく陽線と陰線に分けることができ、実体の大きさやヒゲを見ることによって簡単に値動きを把握することができます。

 

また、それ以外にも、ヒゲの有無、ヒゲの長さ、実体の長さなどによって数多くの種類があります。

買い相場や売り相場に現れるローソク足はある程度パターンが決まっていますので、見分けられるようにしておくことが大切です。

大陽線

実体(白い部分)が長く、価格が大きく上昇したことを表します。買いの需要が大きく、上昇の可能性大。

大陽線


大陰線

実体(塗りつぶし部分)が長く、価格が大きく下落したことを表します。大きく下降する可能性があります。

大陰線


トンボ

実体がなく、下ヒゲが長い。下降トレンドで現れると、そこから上昇トレンドに転換しやすくなります。

トンボ


トウバ

実体がなく、上ヒゲが長い形がトウバ。トレンドのピークで現れると、その後は下降しやすくなります。

トウバ


十字線(客引同時線)

買いたい人と売りたい人の勢いが同じ状態を表します。上昇から下降、下降から上昇の転換期になります。

十字線(客引同時線)


小陽線

実体(白い部分)が短く、価格は上昇したが小幅にとどまったことw表します。上昇する傾向を示します。

小陽線


小陰線

実体(塗りつぶし部分)が短く、値下がりしたが小幅に収まったこととを表します。下降する傾向があります。

小陰線


坊主(陽線)

ヒゲがない陽線が坊主。始値と安値、終値と高値が同じであり、価格が上昇中であることを示します。

坊主(陽線)


坊主(陰線)

ヒゲがない陰線。始値と高値、終値と安値が同じであり、価格が下降中か下降に転じる可能性があります。

坊主(陰線)


上影陽線

下ヒゲがないか、上ヒゲよりも短い陽線。価格は上がったが、買い手が少なく、その後は下落傾向があります。

上影陽線


上影陰線

下ヒゲがないか、上ヒゲよりも短い陰線。価格が下がり買い手も多くないため、下降傾向があります。

上影陰線


下影陽線

上ヒゲがないか、下ヒゲよりも短い陽線。価格が上がり、売り手も少ないため、上昇の可能性があります。

下影陽線


下影陰線

上ヒゲがないか、下ヒゲよりも短い陰線。価格は下がったが売り手は少ないため、上昇傾向があります。

下影陰線

 

参考になったと思ったら下記のボタンをクリックして下さい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【FX初心者向け!おすすめ記事】

FX初心者向け!FXの始め方!

FX初心者向け!トレードの始め方・簡単!5ステップ

fx-advise.com/step3.html

1番おススメのFX証券会社って?

FX初心者に1番おすすめのFX証券会社はこれだ!

fx-advise.com/basic/