このエントリーをはてなブックマークに追加

 トップページFX証券会社の基礎知識や口座開設方法>スプレッドは、FXの第2の手数料

スプレッドはFX第2の手数料

FXで利益を増やす方法・・・
それは、スプレッドが狭いFX会社を選び、取引する事!

 

スプレッドってなんのこと?

FXの取引手数料はほぼすべてのFX会社で無料です。

 

しかし、FXには特有の「スプレッド」が存在します。

スプレッドとは「開き」という意味の単語で、

FX会社の通貨の購入価格と売り価格の開きの事

 

この差額を負担するのは取引をする投資家です。

 

つまり、取引手数料はありません。

が、実質スプレッドが第2の手数料として発生するということです。

また、レバレッジを大きくするほど、1回あたりの取引のスプレッドも大きくなります

 

FX取引にかかる手数料

図解1: FX取引にかかる手数料

通貨を売買するときに注目したいのが「買う値段」と「売る値段」の差(スプレッド)

この差が小さいほど得られる利益も大きくなります!

 

 

取引金額や回数が多い人ほど注目

スプレッドはFX会社や通貨ごとに幅があり、円と外貨のペアは「銭」外貨のペアは「*Pips」という単位で表示されます。

Pipsとは?~FX初心者はチェックすべき

Pips(ピップス)とはFXの基礎用語で為替の最小単位の事。米ドルなら、00.1(1銭)が1Pips: ピップス)

「100.00から5Pipsが上がった」というときは、100.05になったという事。通貨によってPipsの大きさが異なるので注意が必要!

 

取引金額や取引回数が多いほど、スプレッド負担は大きくなります。

そのため、スプレッドが少しでも狭い会社で取引することが利益を増やすためのポイント。

最近は各社ともスプレッドを狭める傾向がありますので、FX会社選びの目安にしましょう。

マメ知識: FXでの価格とスプレッドの見方

売る時の値⇒Bid(ビッド)

買う時の値⇒Ask(アスク)

FXでの価格とスプレッドの見方を解説!


参考になったと思ったら下記のボタンをクリックして下さい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【FX初心者向け!おすすめ記事】

FX初心者向け!FXの始め方!

FX初心者向け!トレードの始め方・簡単!5ステップ

fx-advise.com/step3.html

1番おススメのFX証券会社って?

FX初心者に1番おすすめのFX証券会社はこれだ!

fx-advise.com/basic/