このエントリーをはてなブックマークに追加

3種類のFXのトレードスタイル

クセ(パターン)を把握することは、そのまま勝率につながります。

稼いでいるトレーダーは皆、このクセを熟知しています。


私自身もたくさんのクセ(パターン)を把握して、利益につなげています。


ヘッジファンドなどは、相場のクセをシステムに組み込み


コンピューターを使って自動的に売買を繰り返しています。


そして莫大な利益をあげているのです。



しかしこのクセは、ある程度の経験を積まなければ知ることができません。


稼いでいるトレーダーは、このクセを知っていても公開はしません。


それはそうですよね、


稼ぎの種をばら撒くのと同じですから。


私も苦労して身に付けたもの全部を、公開するのにはためらいがあります。


なので、ごく一部ではありますが紹介したいと思います。


今回は、実際の売買におけるクセについてです。



これから書くことは、FXの売買における基本的なクセです。


とてもシンプルなことですが、以外と意識されていません。


そのシンプルで基本的なクセというのは、

”買いより売りのほうが勝てる”

ということです。


FXの売買は、買いも売りも両方できます。


買いというのは物を買うのと同じで、ドルならドルを買うということです。


売りというのは物を売るのと同じで、ドルならドルを売るということです。


うん? 買いは分かるけど売りの意味が分からない。


手元にないものをどうやって売るの?


大丈夫です。

 

一例をあげてみますね。



ある通貨が経済の混乱などで値下がりしそうだとします。


今から売れば、数ヶ月後に大儲けできそうです。


でもその通貨を持ってないし。。。


大丈夫です!! そんなことは考えなくていいのです。


FXでは、この通貨を持っていなくても市場で売ることができます。


そして数か月後に予想通り値下がりしたところで、買い戻す。


この”売って買い戻す”というプロセスが売りといいます。



株の場合、売りを行うときは手数料をとられます。


手元にないものを売るので、それに対する手数料です。


ですがFXの場合、買いでも売りでも手数料はかかりません。


買い=売り  買いと売りは、同等な関係なのです。


ある通貨がこれから上がると思えば買い、下がると思えば売る


これがFXの売買の基本です。


専門用語で言うと、買いはロング(Long)、売りは(Short)と言います。



ではなぜ”買いより売りのほうが勝てる”のか?


具体的な内容は、また次回!

 

 

参考になったと思ったら下記のボタンをクリックして下さい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【FX初心者向け!おすすめ記事】

FX初心者向け!FXの始め方!

FX初心者向け!トレードの始め方・簡単!5ステップ

fx-advise.com/step3.html

1番おススメのFX証券会社って?

FX初心者に1番おすすめのFX証券会社はこれだ!

fx-advise.com/basic/