このエントリーをはてなブックマークに追加

 
私、専業トレーダーHiroが行っているFXの実戦的なリスクヘッジ方法

私が、FX口座を2つ以上持つ理由

FXに必要な実戦的なリスクヘッジ方法

 

今週は、九州を旅行しています。

宮崎、熊本、鹿児島とのんびり温泉巡りを楽しんでいます。

九州の温泉はいいですよ~♪

温泉

スケールがデカイというか、豪快な湯が多いですね。

 

私がこうやって旅行に来れるのは、ネットの発展、そしてFXのおかげです。

ほんとうに便利な時代になりましたね。

パソコン1台あれば、どこにいても稼ぐことができますしね!!

 

 

では、FXの話をしていきます。

先日、逆指値を入れずに数百万を失った友人の話をしました。

逆指値は、大事な資金を守るためのリスクヘッジです。

 

 

もし、あなたがリスクヘッジを甘く考えているのなら、

遅かれ早かれ、相場から退場することになりますよ。

 
リスクヘッジは逆指値だけではありません。

 

資金管理、枚数管理などもリスクヘッジの基本です。

これらの基本的なリスクヘッジについては、一般の書籍でも学べます。

しかし、実戦的なリスクヘッジ方法は、実戦の中でしか学べません。

 

例えば、FX口座。

皆さん、FXを始めるときに、いくつかのFX口座を作っていると思います。

主に使用する口座は、メイン口座となり、それ以外は、サブ口座となります。

メイン口座に資金を入れておくのは当然ですが、サブ口座には資金を入れていない、

もしくは少ししか入れていない方が多いのではないでしょうか?

私の場合は、サブ口座にもメイン口座と同じくらいの資金を入金しています。

 

 

メイン口座に何らかのトラブルが発生しても、サブ口座にて対応するためです。

 
『いやいや、そんなトラブルなんて起こらないでしょ!』

そう思っていると痛い目に合いますよ!!

システム系のトラブルは、必ず起こります!!

 

FXのシステム

 
私も過去に何度か、システム系のトラブルで冷や汗をかいたことがあります。

その度に、サブ口座に助けられました。

 

リスクヘッジは、他にもあります。

私は、ノートパソコンでトレードしています。

デスクトップPCではなく、あえてノートPCでトレードしています。

 

ノートPC

理由は、

”ノートPCなら、停電になっても、バッテリー駆動で数時間はトレード可能だから”

 

 

デスクトップPCは、電源が落ちればただの鉄の箱です。

 

記憶に新しいと思いますが、震災時、関東では計画停電が実施されました。

震災が起きようが、停電が起きようが、相場はいつものように動きます。

私たちの都合などは、全く受け入れてもらえません。

 

『ポジションがあるけど、停電中だからなんとかして!!』

 

 

 
誰も助けてはくれません。

自分自身で対処しなければいけないのです。

 

 

『そこまでやらなくてもいいでしょ(笑)』

 

 

そうですね~、そこまで考えなくてもいいかも。

 

 

でもね、

”儲けてやる!儲けてやる!”だけでは、資金は増えませんよ。

”資金を増やす”ことも大事ですが、

”FXでは資金を守る”ことも同じくらい大切なんです

 

 
リスクヘッジをしっかりとやっておくことで、結果的に資金が増えていきます。

これは、私の経験から断言出来ます!!

 

私が実戦で得たリスクヘッジ方法は、他にもあります


参考になったと思ったら下記のボタンをクリックして下さい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【FX初心者向け!おすすめ記事】

FX初心者向け!FXの始め方!

FX初心者向け!トレードの始め方・簡単!5ステップ

fx-advise.com/step3.html

1番おススメのFX証券会社って?

FX初心者に1番おすすめのFX証券会社はこれだ!

fx-advise.com/basic/